インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
  • ホーム
  • リレンザのデメリットは、投与する回数が多いこと?

リレンザのデメリットは、投与する回数が多いこと?

せきが出る女性

インフルエンザという病気に関して、これまでウイルスに直接効果がある医薬品というのはありませんでしたが、最近ではウイルスに対して効果を発揮する抗インフルエンザウイルス薬がいくつか開発されてきています。
そうしたもののなかでも、リレンザとよばれる医薬品は特殊なものであり、錠剤などを口から水で飲むといったものではなく、粉末を息にあわせて吸入するというタイプとなっています。
リレンザがこのように吸入タイプとなっているのにも大きな理由があります。
ふつう、インフルエンザというのは、他人のくしゃみやせきなど飛沫を、息とともに吸い込んでしまって、そのなかに含まれていたインフルエンザウイルスが、気道の粘膜などの弱い部分にとりついて、増殖をはじめてしまうことが原因となっています。
そのため、薬剤を吸入して、直接気道に送り込むことができれば、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果が、さらに適切に発揮されるという考え方で開発されたというわけです。
このリレンザは、口からとり入れることにかわりはありませんが、内用薬ではなく、外用薬という扱いになっています。
そのため、他の外用薬と同様に、一度吸入しただけですぐに効果が上がるというものではなく、ブリスターとよばれる薬剤のパックの2つ分にあたる、1回につき10グラムを、1日2回、5日間にわたって投与しなければならないことになっています。
このように、リレンザのデメリットとしては、投与する回数が多いというわずらわしさが挙げられないでもありませんが、他の抗インフルエンザウイルス薬に比べて、副作用などが起きる割合も少なく、ウイルスに直接届くというメリットを考えると、メリットのほうが上回るものです。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索