インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
  • ホーム
  • インフルエンザの定義とリレンザの肺への付着効果

インフルエンザの定義とリレンザの肺への付着効果

インフルエンザは日本では冬に猛威を振るう恐ろしい流行感冒として非常に有名です。
日本の冬は摂氏零度を下回り、そのことで空気が非常に乾燥し、インフルエンザにとっては非常に活動しやすい環境になります。
インフルエンザは感染者の咳やくしゃみ、鼻水の飛沫が健常者の口や鼻から入り、肺に到達して付着することで感染していきます。
感染するとすぐに症状が出るわけではありません。
インフルエンザは一日から三日程度の潜伏期を経て、ようやく症状が見られます。
しかし症状が出た場合には、すでに肺でウイルスが大増殖している状態です。
こうした状態で、自然治癒は不可能であり医療機関を訪れなければいけません。
インフルエンザと定義し、確定して治療するには、よく問診し、症状を見極めなければいけません。
症状は風邪とは異なりインフルエンザでは40度を超える高熱がでます。
そのうえで検査キッドで鼻の粘膜を採取し、陽性反応が出ればインフルエンザであると定義できます。
治療には一般の風邪薬では対応できません。
インフルエンザの治療の基本は肺でのウイルスの増殖を食い止めることです。
そのため、増殖を食い止めるリレンザやタミフルと言った治療薬で治療していきます。
リレンザは粉末状の吸入薬です。
そのため肺にダイレクトに作用して、ウイルスの増殖を食い止めてくれます。
タミフルのように飲み薬が苦手である人、他の持病の薬との飲み合わせに心配がある人などに最適な治療薬と言えます。
また青少年がタミフルを飲んだ場合には人によって幻覚や問題行動といった副作用が報告されています。
そのため青少年の治療の際にも、タミフルよりもリレンザの方が良いと言えます。
またリレンザは予防対策としても用いることができます。