インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
  • ホーム
  • インフルはマスクで予防、発症後に報告しリレンザ治療

インフルはマスクで予防、発症後に報告しリレンザ治療

寒くなるにつれて猛威を振るうのがインフルエンザです。
インフルエンザは、ウイルスが鼻腔や口腔内の粘膜に付着し、体内で増殖することで発病します。
つらい症状を避けるためには日ごろから予防を行うことが大切ですが、手軽で簡単な予防法としてマスクが効果的です。
インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染、ウイルスを触った手で粘膜に触れて感染する接触感染、空気中にあるウイルスを吸い込む空気感染がありますが、マスクはこのうち飛沫感染と空気感染を防いでくれます。
良く使われる不織布マスクの網目は、インフルエンザウイルスよりも大きく、ウイルスの侵入を防ぐことはできませんが、咳やくしゃみで飛沫を飛ばしてしまうことは防ぐことができます。
また、マスクは口腔内の湿度を高めてくれる効果があります。
インフルエンザウイルスは乾燥した空気を好み、湿度が高いと活動が鈍くなるので、乾燥を防ぐことが感染予防になるのです。
しかしどんなに気を付けていても感染してしまう事態は起こります。
インフルエンザの治療薬として広く使われているのがリレンザです。
リレンザは吸入型の治療薬で、吸入器を使って薬を吸い込むことで、ウイルスが増殖する喉から肺にかけた器官に直接作用します。
そのため、タミフルなどの飲み薬などに比べると即効性があるのが特徴です。
ただしウイルスを駆逐する作用はなく、増殖を防ぐための薬なので、感染したら可能な限り早く服用するようにすることが大切です。
インフルエンザは風邪とは違い、非常に高い感染力を持っています。
そのためもし感染したら、周囲に病気を拡げない為にも学校や会社を休むのが大切です。
特に社会人の場合は上司に報告し、必要な書類や休みの期間などについて指示を受けるようにしましょう。