インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
  • ホーム
  • イブプロフェンではなく後発医薬品のないリレンザ治療

イブプロフェンではなく後発医薬品のないリレンザ治療

冬には多くの人々を苦しめるインフルエンザが至る所で流行します。
インフルエンザは接触感染、空気感染のほか、飛沫感染と言った経路で多くの人々に感染を拡大していきます。
感染すると非常に酷い症状に悩まされることになります。
それは咳、くしゃみ、下痢、嘔吐、頭痛のほか、40度を超える高熱に加え全身の関節痛が酷く、起きていられないほどになります。
大人でも苦しいために会社を欠勤しなければならず、普段の社会生活が営めなくなってしまいます。
職場などで集団感染すると経済活動も停滞し非常に問題であると言えます。
しかしこうした酷い症状に見舞われても風邪だと過信し、何も治療しない人もいます。
また市販の風邪薬でイブプロフェンが配合されたもので解熱や痛みを鎮静させようとする人もいます。
しかしインフルエンザに感染しているとイブプロフェンでの鎮静や解熱効果は一時しのぎに過ぎず、再び熱や痛みに苦しまされることになります。
40度を超える熱の場合は真っ先にインフルエンザ感染を疑い医療機関を受診しなければいけません。
インフルエンザは市販の風邪薬では完治させることができません。
インフルエンザの治療薬であるタミフルやリレンザを服用する必要があります。
医療機関ではインフルエンザか否かを知るために、鼻の粘膜を採取して検査します。
陽性であれば処方箋を書きタミフルやリレンザが処方されます。
そのためインフルエンザ治療には検査代、処方箋代、診察代と非常に費用が高くつきます。
しかし、インフルエンザ治療薬の後発医薬品、つまりジェネリック医薬品はまだ存在しません。
そのため薬代を節約するのは難しい状況になっています。
安く抑えるには薬の個人輸入しか方法がありません。