インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
公開履歴
    色々な錠剤

    タミフルは、オセルタミビルリン塩酸塩を主成分とするノイラミニダーゼ阻害薬に分類される抗ウイルス薬です。
    タミフルは商品名で、オセルタミビルという成分を含むことから単にオセルタミビルともいいます。
    ノイラミニダーゼ阻害薬の作用機序としては、ノイラミニダーゼの働きを阻害する事で感染細胞から増殖したインフルエンザウイルスの遊離を抑制し感染細胞内に留まらせ、ウイルスの増殖を抑え込みます。
    故にタミフルには、インフルエンザウイルスに対して直接薬理効果を及ぼし、死滅させる効果や解熱効果、鎮痛効果などは全く無いとされ、熱や頭痛、下痢などの症状に対しては解熱剤や鎮痛剤などによる対症療法が必要とされています。
    一般的にインフルエンザの特効薬として知られているタミフルは、飲めば一気に熱が下がるイメージがありますが、体内の抗体による免疫効果や薬理効果、ウイルスの寿命などにより徐々に体内のインフルエンザウイルスが死滅し、次第に熱が下がり症状が改善されていきます。
    タミフルは、ウイルス増殖がピークとなる発症後48時間以内に服用する必要があり、48時間以降の服用はほとんど効果が無いとされています。
    又、発症後48時間以降は、体内で抗体が形成され免疫システムが機能するので、体内のインフルエンザウイルスが次第に死滅させられ完治します。
    又、M2プロントチャンネル阻害薬は、M2タンパク質に作用する事で感染細胞内の酸性度のコントロールを阻害しウイルスの増殖を抑制する作用機序の為、ノイラミニダーゼ阻害薬と同様にインフルエンザウイルスに直接薬理効果を及ぼす事が無く、熱が一気に下がる事は無いとされています。
    しかし、エボラ出血熱に有効とされるT-705は、発症後48時間を過ぎ病状が悪化してもウイルス増殖を阻害する効果があるとされています。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索