インフルエンザに感染するとタミフルやリレンザ、イナビルのどれかを処方されることがほとんどです。中でもリレンザが近年人気になってきている理由を当サイトではインフルエンザの情報とともに紹介していきます。

鼻をかんでいる女性と薬
公開履歴
色々な錠剤

リレンザは、インフルエンザに感染してから48時間以内に使用するのが鉄則となっています。
インフルエンザウィルスは、感染から48時間後には全身に拡散します。その後は増殖するのをやめます。
リレンザは、ウイルスが増殖するのを防ぐ吸入薬ですから、ウィルスが増殖するのをやめた後に使用しても効果はありません。
ウィルスを死滅させる働きはなく、ウィルスを死滅させるのは、免疫細胞の役割です。

もし、感染直後にリレンザを使用できれば、ウィルスは増殖できず、侵入した箇所でごく少数のままとどまっているしかなくなります。
そのうち免疫細胞がやって来て、退治されます。ウィルスが侵入し、増殖を開始すると、免疫システムを活性化させるために高熱が出ます。
活性化された免疫細胞は、ウィルスを退治して回りますがウィルスが体の一部に少数のままとどまっているだけなら、退治するのは短時間で済み、活性化している必要もなくなるので、すぐ熱が下がります。
リレンザを早期使用できると、解熱までの時間が短縮されるのは、こうした理由からです。

できれば、感染直後にリレンザを使用したいところですが、現時点では、インフルエンザ感染の有無がわかるまでには、12時間から24時間、あるいはもっと時間がかかります。
感染直後だと、ウィルスの数が少ないため、現在普及している検査キットでは検出できないからです。
その検出できないほど少数のうちに吸入できれば効果を最大限に発揮できるので、非常に惜しいところです。
また、タミフルは通販で買えると有名ですが、リレンザも個人輸入を使い通販で買うことができます。
早急に使用するために、感染していなくても流行した時点で通販サイトでリレンザを購入することをおすすめします。
家庭内に常備薬としてリレンザを備えておきましょう。

インフルエンザウィルスの増殖を防げるという働きを持つ薬であるため、予防薬としても使用できます。
この使用方法でこそ、効果が最も発揮できるとも言えます。侵入したインフルエンザウィルスは、その直後からまったく増えることができません。
増えられないでいるうち、免疫細胞に発見され、すぐ退治されます。
したがって高熱も出ず、インフルエンザの症状がまったく出ないため、感染が防げるということになります。

家族が感染した場合、他の家族が感染する確率は9%ほどですが、この薬を予防薬として使用した場合は感染率が1%程度になります。
ただ、予防薬としての使用は制限されています。同居する家族が感染している65歳以上の高齢者か、呼吸器系に疾患がある患者などに限られ、それ以外の場合は、希望しても処方されません。
耐性のあるウィルスが現れるのを防ぐためです。処方される場合も、予防としての使用になりますので、全額自己負担となります。