葉酸で元気な子どもを産みましょう!

色々な予防効果を持つ葉酸をしっかりと摂取し、健康に過ごしましょう

葉酸の発見と効能のおさらい

ダンベル体操葉酸は水溶性のビタミンでほうれん草の葉から発見されました。
DNAの生成や修正に大きく関わり、細胞の生成に欠かせない栄養素です。
新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要なビタミンでもあります。
活発に細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜、赤血球の生成などでも必要になります。

葉酸の多様な効果

赤ちゃんの先天性異常である神経管閉鎖障害のリスクを大きく減らすため、特に妊娠初期にしっかりとっておく必要があります。
妊娠の1か月前から3カ月頃までとる必要があり妊娠前からの摂取で効果が発揮されるので、子供が欲しい女性は日ごろから摂取しておくことがおすすめです。
また認知症や脳卒中の予防などにも効果があります。
最近は心筋梗塞や心臓発作などの心疾患やアルツハイマーの予防効果もあるとして注目されています。

葉酸の豊富な食品と上手な調理法

葉酸はほうれん草やブロッコリー、レタス、キャベツ、パセリ、豆類、レバーなどに多く含まれています。
特に濃緑色野菜や葉物野菜に多いです。
ビタミンとの相互作用で働き、他にもミネラルなども間接的に関係してくるので、単独で摂るのではなくバランスよく色々なビタミンやミネラルを摂ることが大切です。
加熱調理すると溶け出してしまうので、汁物などにして丸ごと栄養が取れるような料理にするのがおすすめです。

サプリメントと食生活の改善がポイント

そして不足分は葉酸サプリメントを活用して補うのがおすすめです。
不足してしまうと、細胞分裂やDNAの複製が正常に行えなくなります。
飲酒や経口避妊薬の摂取で消費されてしまいます。
特に飲酒量が多い人は不足しやすいので注意が必要です。
葉酸が不足して起きる貧血は不足しだしてから4カ月後頃に症状として表れてくるため気づきにくいです。
欠乏症になると神経管閉鎖障害や重度の貧血、疲れやすく精力減退などの症状が出ます。
健康に過ごすためにも日常的に摂取して予防をすることが大切です。
元気に葉酸生活を続けましょう!

新しい葉酸活動について

  • water-dumbbell220

    葉酸サプリメントの上手な使い方について

    葉酸は通常の食事に合わせてサプリメントなどを使用する取り方が効果的です ビタミン類は体の機能を円滑に機能させる …

    続きを読む...

  • stretch220

    気を付けないといけない葉酸の飲み合わせ

    葉酸は水に溶けやすいビタミンB 葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種で、ほうれん草から発見された成分です。 この …

    続きを読む...

  • ballance-ball220

    鉄分や葉酸の効果で貧血を改善させる

    貧血で悩んでいる人へのアドバイス 貧血で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 私もその一人です。 とくに生 …

    続きを読む...

  • nobinobi220

    葉酸の効果と取り過ぎた場合のリスク

    がんや貧血のリスクを下げる葉酸 葉酸の代表的な効果は、妊娠初期に多めに摂取すると神経管欠損症などの胎児の先天性 …

    続きを読む...